自身がキャッシングをした要素はコイツでした・・・

ぼくがキャッシングをした足がかりは、ユニバーシティを中退した後、派遣で働き始めた給与が少なかったことが物証でした。当時は22年代でしたが、レクリエーションや好みのためのお金がぜんぜん足りませんでした。月々は20万円もいかなかったので、給与を前借りする感覚でキャッシングを利用しました。

借りたお金は最初は10000円でしたが、なれてくるうちにザクザク高額になっていき、5万円くらいを借りるようになっていました。給与が出たら直ちに返していましたが、毎月のように借りていたので、たえず5万円分の賃借がある状態で生活していたということになります。

借りた尖端は、大手の消費者金融でした。クレジットカードにキャッシング範囲がついていましたが、クレジットカードのキャッシング範囲はついつい使ってはいけないような気がしていました。実際には金利は同じなので、どちらを利用しても概してかわらなかったのですが、大手の消費者金融は近くに専用のATMがあり、手間賃がフリーでしたのでわずかに得だったと思います。

後々、正社員になることができたので、キャッシングを利用しなくなりました。それどころか、貯蓄ができるようになってきて、人生は安定してきました。正社員の売り買いは2年齢くらい続けていて、賃借とは無縁の生活を送っていました。しかし、地域での売り買いに反感がさして、都会で働きたいと思うようになり、また派遣の売り買いをはじめました。貯蓄はザクザク減っていき、また賃借をするようになりました。

正社員の売り買いでお金に余裕がある生活を送っていたせいか、こんどは10万円、20万円と賃借をしてしまいました。クレジットカードも使って賃借をするようになり、料金は100万円を超えました。次第にまた正社員になれるという根拠のない誇りがあったせいでもありました。普通、正社員になることはできず、賃借がこれ以上増えたら人生ができなくなるというらまできて、自分が間違っていたことに気づきました。弁護士に折衝をして適当総括をしてもらい、およそ100万円の賃借を5年齢かけて返済することになりました。

現在では賃借の薄い生活を送っていますが、こちらとおんなじあやまちをおかしてしまう自分もいるかもしれないので、こういう評定を書いてみました。賃借をするときは、ほぼ確実に返せるという自信がある状態だけにしておくべきです。これから給与が上がるとか、正社員になれるとか、こういう根拠のないことを理由にしてたくさんのお金を借りてしまうと悔いをすることになります。http://www.beatshome.jp/